日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

後期医療 保険料が10倍に

(桜が開花・会の川で2日)
(桜が開花・会の川で2日)

 安倍内閣が社会保障を改悪し、高齢者に対する負担増が目白押しです。 
そのなかで、75歳以上の高齢者が組み込まれる、後期高齢者医療の保険料が、4月から大幅に引き上げられます。

 被用者保険(健康保険)の被扶養者であった人の均等割・保険料の軽減措置が、段階的に減らされ、4月以降は3倍に引き上げられ、3年後は10倍に引き上げられます―まったく、ひどい話です。

 被扶養者の均等割・保険料は、2015年度は4,200円でした。それが以下のように引き上げられます。
 
 ◇4月以降は12,620円――3倍に引き上げ
 ◇来年度は21,030円――5倍に引き上げ、
 ◇3年後の保険料は42,070円――10倍に引き上げ
   ――市内の対象者は1,230人。726万円の負担増です。
画像

 また、所得58万円以下の人は、所得割の保険料の軽減措置が減らされ、保険料が引き上げられます。

 例えば、ひとり暮らしの高齢者は、年金収入211万円のみの場合、4月以降の保険料が25%も引き上げられます。これに該当する市内の対象者は1,286人。総額915万円の負担増です。

 後期高齢者医療の加入者は4月以降、保険料が引き上げられ、全体で2,516人が、総額1,642万円の負担増となります。私が、予算特別委員会の質疑で明らかにしました。
2017/04/03

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。