日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

公立学童 待機者147人も

(桜が開花・不動岡不動尊で2日)
(桜が開花・不動岡不動尊で2日)

 小学校の入学式は今月10日です。
新入生は勿論、児童も進級し、希望に満ちた新学期が始まります。しかし、加須と大利根の地域で実施している、公立学童保育の待機児童が147人(3月1日時点)にのぼります。

 予算市議会・予算特別委員会で私は、2段階の取り組みで待機児童の解消を提案しました。





学童待機ゼロ公約 しかし 147人待機

 予算市議会で大橋良一市長は、公立学童保育について、「小学校6年生まで受け入れを拡大するとともに、利用児童数の増加に対応するための指導員の確保に努め」「放課後児童健全育成室の待機児童ゼロを目指してまいります」(2月17日・本会議「施政方針」)と、市民に公約しました。

 ところが現実は、公立学童保育の待機児童が147人(3月1日時点)も見込まれています。公立学童保育の希望者は1千33人。これに対し、受け入れが可能な児童は886人(同)だけです。
 

解消策を提案…職員・施設の確保を

 予算市議会で私は、待機児童が発生している原因として、〇愼外の確保ができない、学童室が不足している―この2点を指摘しました。

 ですから、待機児童を解消するためには、原因別の対策を、個別に講ずる必要があります。
画像
 

指導員の確保

 先ず、指導員は、全体で26人が不足しています。

その内訳は、
◇花崎北小と大桑小が各6人不足。
◇礼羽小4人不足、
◇水深小第1が3人不足。
◇志多見小と水深小第2、それに元和小が各2人不足。
◇水深小第3が1人不足
   ――それぞれ指導員が不足しています。
 

学童室の確保

 また、学童室の不足は、不動岡小、三俣小、大越小で各1部屋が不足しています。水深小は2部屋不足しています。全体で5部屋の不足です。

 指導員を確保するには、処遇の改善が求められる―昨年来、日本共産党議員団が提案してきました。その結果、新年度予算で賃金区分について、従来の3段階から5段階に変更を加え、時給を引き上げています。

 学童室の確保は、学校や幼稚園など既存施設を活用することです。それができない場合は、新たに学童室を整備しなければなりません。

 しかし、学童室整備の予算は、新年度予算にはありません。補正予算で対応するのでは、待機児童の解消が大幅に遅れるだけです。そのためには、予備費3千万円を活用して整備することです。
画像

「早い内に解決したい」…市長

 予算特別委員会の総括質疑(3月14日)で私は、「市長の施政方針を実行するため、学童保育の待機児童を早急に解消することが求められる」と強調。

 そのうえで私は、「〇愼外の確保は、処遇の改善を行っており、それを周知して1学期終了まで確保し、夏休みから希望者全員を受け入れる態勢を整える。

学童室の整備には一定の期間が必要であり、予備費を活用し、2学期が始まるときまで整備する」―以上の2点について、具体的に提案しました。

 大橋市長は、「解決策は2つある。指導員の確保は、継続してお願いしていかなければならない。施設は、場所などいろんな面で検討していかなければならない」、「早いうちに解決していきたい」と答えました。
2017/04/02

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。