日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

確定申告 個人番号不記載で受理へ

(河津桜・諏訪神社で2月25日)
(河津桜・諏訪神社で2月25日)

 いま、市役所では確定申告の真っ最中です。
市は、確定申告の案内チラシに、「マイナンバーの記載が必要です」と記載し、あたかも義務であるかのように、市民に指示しています。

 私は一昨日(2月27日)、本会議で質疑を行い、確定申告書に12桁の個人番号の記載がなくても受理するよう求めました。以下はその要旨です。


 私は、次のように質疑を行いました。
 
 個人番号制度のもとで、市民の利便性を第一に考え、事務処理を行うこと。私は、制度が始まる際に、マイナンバー法第14条第2項を示し、市に提出する書類に12桁個人番号を記載しなくても、職員が対応できる仕組みを示し、市がそのように対応している。

 いま、確定申告が行われているが、市の案内チラシには、確定申告書に「マイナンバーの記載が必要です」と書かれている。しかし、国税庁のFAQ、および個人情報保護委員会のQ&Aには、「マイナンバーの記載がない場合でも受理することとしている」と明記している

 申告の会場で混乱が生じないように、担当職員に対し、マイナンバー不記載でも申告書を受理する旨、周知徹底を図るよう求める。

 これに対し高橋宏晃・総合政策部長は、「職員がマイナンバーを調べ対応している。適宜、全職員に周知してまいりたい」と答えました。
画像

 さらに私は、「市民の間から、支所の関連で、“個人番号の記入を執拗に求められた”という苦情が寄せられている。

 新年度には、こうした事態が発生しないよう、窓口の職員に趣旨の徹底を図るよう求める」と質疑。

 高橋部長は、「マイナンバーを記載しなくても受理している。徹底してまいりたい」と答えました。
2017/03/01

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。