日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

公立学童 保育料値上げに修正案

画像

 開会中の12月市議会で、公立学童保育の保育料を引き上げる条例を審議しています。保護者の7割に対し、総額700万円の負担増となります。

 日本共産党議員団は8日、保護者の負担を軽減する修正案を議長に提出しました。市議会は12日、最終日の本会議をひらき、修正案を上程して審議します。


公立学童 児童6人に1人利用 

 放課後児童健全育成の学童保育。公立の学童保育が加須地区と大利根地区に、小学校区の16か所に設置されています

 非正規労働が広がり、子育て世代の共働き世帯が増加し、学童保育の利用児童が増加しています。来年4月から、公立学童保育の利用を希望している児童は927人。市内の全児童6人のうち、1人が利用しています。
 

保護者の7割 負担増700万円

 開会中の12月市議会で、学童保育の保育料を引き上げる、条例を審議しています。現行の学童保育料は、所得税をもとに4区分(0円〜6,600円の)になっています。改正案は、市民税をもとに、7区分(0円〜8,000円)に改正します。

 学童保育料の改正によって、保育料が下がる人が少しいます。しかし実際には、保護者7割の保育料が値上がりになり、その負担増は700万円にのぼります。 

 特に、働く貧困層と言われる年収210万円以下の保護者の保育料は、現行の2,200円から、800円引き上げられて3,000円になります。値上げ率36・4%の大幅な引き上げです。

 低・中間層世帯といわれる、年収360万円以上から530万円までの保護者は、4,400円から1,000円引き上げ、5,500円となります。値上げ率25%の大幅な引き上げとなります。

貧困層の増大 中間層が疲弊

 いま、アベノミクスによって、貧困と格差、中間層の疲弊が大きな問題になっています。

 ダ茲此貧困と格差が拡大し、貧困層が増加しています。年収200万円以下で暮らす、働く貧困層=ワーキングプアは市内で約12,000人。生活保護と同じ就学援助を受給している市内の児童は730人(2015年度)。児童8人のうち1人が受給しています。多い学校では、5人のうち1人が受給しています。
画像

◆イ気蕕法非正規労働の増加によって低賃金労働者が増え、平均賃金が下がり、中間層がやせ細って疲弊しています。
 

子育てを支援 党議員団が修正案

 それなのに、一生懸命働いても普通の暮らしができない、働く貧困層(年収200万円以下)に4割近い保育料の値上げとは…。加須市の「子育て支援」は、いったい何処に行ったのでしょうか?

 日本共産党議員団は、子育てを支援するため、‘く貧困層の保育料を据え置き、負担の軽減を図る、∧振冂其發下がり、やせ細る中間層世帯の負担を軽減する―この立場から、公立学童保育料引き上げ条例に対し、議長に8日、修正案を提出しました。

 この修正によって、保護者は原案に対し、総額1千万円の負担が軽減されます。修正案は明後日・12日、12月市議会最終の本会議に上程し、審議されます。
2016/12/10

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。