日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

市議会改革 飯能市と所沢市を視察


 市議会は、市民にひらかれた市議会に改革するため、議会改革検討委員会(以下は改革委。委員は各会派から選出。委員長は互選で私)を設置しています。

 そのなかで、市議会の最高規範となる、議会基本条例(以下は条例)制定に向けて検討を始めています。

 検討委は今日(4日)、条例案の検討を具体的にすすめるため、議会改革で先進市議会の飯能市議会と所沢市議会を終日、視察してきました。各市議会とも、2時間を超えるとても中身の濃い視察となり、今後の改革委の検討・協議に資する、実に多くの収穫を得てきました。


◆飯能市議会の視察

画像

 飯能市議会で先ず驚いたことは、市役所に到着した際、玄関前に大勢の職員の方が待ち受け、私たち視察者を、拍手で出迎えて頂いたことです。これには視察者一同ビックリ、本当に感激・恐縮致しました。

 飯能市議会は、議会改革とICT推進で先進の市議会です。議会基本条例等の説明には、議会改革を担当する議員3人の方が応対し、懇切・丁寧な説明を頂きました。本会議場で説明を受けましたが、そこには、飯能市と加須市の小旗が置かれ、「おもてなし」の心がしみじみ伝わってきました。

 説明された議員の、「議会改革は、市民と議会の距離を縮めるため」という言葉が、印象的でした。

 余談ですが、飯能市役所から帰る際、何と飯能市の市長さんが現れ、職員とともに、私たちを見送って頂きました。本当に恐縮です。そして感謝です。飯能市議会の方々からは、議会改革について多くのことを学びました。ありがとうございました。


◆所沢市議会の視察

画像

 所沢市議会は議会基本条例を7年前に制定し、二元代表制のもとで、市議会の機能発揮に成果を上げています。所沢市議会でも、副議長はじめ議会運営委員長など議員3人の方が、私たちに応対し、ここでも懇切・丁寧な説明をいただきました。

 市議会改革の特徴は、◇法政大学教授に議会基本条例制定の調査を委託、◇早稲田大学と連携協定を締結し、議会改革を推進、◇議会の条例制定等にパブリックコメント導入、◇参考人招致や公聴会の実施、◇条例の評価を毎年度実施し、その結果をふまえて改正、◇議員間の公開による自由討議、政策討論会の実施、◇市議会に付属機関を設置する等々。
 このように私たちは、大変多くのことを学んできました。本当に、ありがとうございました。


 私は今日、視察で学んできた内容を、加須市議会を改革する「議会基本条例」制定に向けた検討に、しっかり生かしてまいります。

 なお、検討委は来週10日(木)、午前9時30分から委員会をひらき、条例制定に向けて具体的な協議に入っていきます。勿論、委員会は公開です。
2016/11/04

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。