日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

決算委 総括質疑 31項目


 市議会は先月28日、朝から決算特別委員会(以下は決算委)をひらき、最終日の総括質疑を行いました。

 委員会にはすべての部長が出席し、委員が通告に基づいて質疑。次に、教育長に質疑。最後は大橋良一市長が出席し、委員が締め括りの質疑を行い、全ての審査を終了しました。決算委が終わったのは午後9時でした。


■部長に質疑 
 決算委の5日目(9月28日)は、2015年度一般会計決算を審査する最終日・総括質疑です。決算委には、朝からすべての部長が、説明員として出席。委員が、事前に通告した質疑の項目に基づいて、担当部長に質疑をすすめました。

 私は、歳入と歳出の決算について、市民の立場から31項目を通告。私の質疑には、13人の担当部長が説明にあたりました。


■教育長に質疑
 部長に対する質疑が終わると、渡邉義昭教育長が委員会に出席。総括質疑は私一人だけでした。

 私は、\度改正による教育委員会のあり方、教師の多忙化を解消する、生活保護費切り下げを就学援助の適用基準に影響をおよぼさない―3項目について、質疑を20分間行いました。


■大橋市長に質疑
 最後は大橋良一市長が決算委に出席し、締め括りの質疑を行いました。
 私が、市長に質疑した項目は、々膩彳端貊仞故┌院04の原因を分析し、人口減少を抑制する対策を講じる、⇒靆ズサンな同和事業の廃止、済生会栗橋病院の一部機能移転用地に係わる開発・農地転用の手続きを具体的にすすめる、ぞ・中学校にエアコン設置など。 私は、市民の立場から、市長と約1時間にわたって質疑を展開しました。


■5日間のうち、時間延長して4日間審査
 決算委の審査日程は5日間でした。はじめの3日間は、担当課長が出席して、質疑の説明員にあたりました。4日目は、委員が現場に直接出向いて審査する現地調査。5日目は、担当部長・教育長・市長が出席して質疑に対応する総括質疑でした。

 今回の審査は、現地調査を除いて、4日間はすべて審査時間を延長し、夜遅くまで審査しました。

 初日の審査は午後6時まで。2日目と3日目は夜8時過ぎまで審査。5日目の総括質疑は夜9時まで審査を続けました。


 《決算委最終日・私が行った総括質疑の31項目》

 ◆個人市民税と法人市民税、納税緩和措置について
 ◆地方交付税・合併算定替えと財政見込みと行政サービス提供の水準
 ◆債権管理条例に基づく保育料・使用料・保険料などの適正な管理
 ◆設計労務単価浸透、小規模契約登録制度の活用
 ◆合計特殊出生率1・04の科学的な分析と中・長期の目標人口への接近策
 ◆乱脈ズサンな団体補助と「解同」言いなりの同和事業の問題
 ◆空き家1,333戸と問題ある131戸の対策および行政処分
 ◆配偶者から暴力、ストーカー行為など、DV被害者への支援
 ◆民生委員等の活動に対応する支援措置の見直しを提案
 ◆教育の力で貧困を断ち切る学習支援の推進
 ◆介護保険=特養ホームの多床室確保、空床の情報提供推進など
 ◆公立放課後児童健全育成(学童保育)の待機者解消に向けて
 ◆災害時要援護者等の自治会別把握と着実な支援体制確立
 ◆済生会栗橋病院の一部機能移転用地の開発と農地転用手続き
 ◆使途不明の環境対策補助金の見直し
 ◆中間管理機構による農地集積と協力金交付の要件変更等
 ◆農業集落排水事業・費用対効果を前提とした施設老朽化対策
 ◆ねつ造された地籍調査(北川辺地区)の再調査と点検調査
 ◆身の丈超える野中区画整理・進捗率50%で既に市費26・5億円を投入
 ◆事業費25億円の川口地区下水道整備計画
 ◆市営住宅・空き住戸の公募期間を見直し、効率的な活用を図る
 ◆拠点避難所23か所の災害用物資の目標を定め、計画的に備蓄する
 ◆教育委員会の制度改正とレイマンコントロール発揮
 ◆教師の多忙解消し、本来業務の子どもと触れ合う時間の確保
 ◆学校にエアコン設置…子どもと保護者が待ち望んでいる
 ◆いじめ・不登校対策
 ◆学校の「EM活性液」使用…科学的根拠が不明な物の使用に問題あり
 ◆就学援助…生活保護引き下げに連動しない適用基準を提案
 ◆公立幼稚園の再整備計画・公立幼稚園の約1世紀にわたる歴史を後世につなぐ
 ◆「解同」言いなりの同和集会所学級等について
 ◆普通財産…共同墓地・神社用地・沼・個人貸付等々の適正な管理と処分を求める
 ◆基金及び財政運営について
2016/10/01

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。