日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

設計労務単価 技能労働者に浸透を

(ノウゼンカズラ・諏訪神社で14日)
(ノウゼンカズラ・諏訪神社で14日)

 6月市議会で、水深小学校の校舎等の増改築、市立第2保育所の移転新築に係る工事請負契約3件を審議しました。

 私が本会議(6月20日)で質疑を行い、引き上げられている設計労務単価を、現場の技能労働者に浸透させる対策を求めました。

 以下は、その要旨です。





 6月市議会で審議・可決した工事請負契約は、/綽湿学校屋内運動場改築工事、同・校舎増築工事、8立第2保育所の移転新築工事の3件。工事請負金額の総額は12億803万円です。

 このなかには、公共工事の現場で働く技能労働者に支払われる労務費が含まれています。設計労務単価は、公共工事の品質確保、技能労働者を育成する必要性から、今年2月、4年連続して引き上げられています。

 問題は、その設計労務単価が、現場の技能労働者に適正に支払われていないことです。

 建設産業で働く労働者団体が今年2月、北川辺総合支所改修工事と南篠崎体育館改修工事の現場を訪ね、労働者に聞き取り調査を実施しています。
画像

 その結果は、賃金の平均が1日当たり1万4,500円でした。一方、設計労務単価の平均は2万5,000円。結局、設計労務単価に対し、実質賃金の平均は58%の水準に過ぎません。

 私は、大橋良一市長に対し、「物事を冷静、かつ理性的にみて判断していくことが為政者に求められる」と指摘。「設計労務単価が技能労働者に支払われる実効ある取り組みを」市長に求めました。

 大橋市長は、「この点について、議員さんからたびたびご質疑を頂いている」と答弁。「労務単価の状況が受注者を含め、そこで働く人にきちんと伝わるような、対応をすることが発注者としての責務だ」と答弁。

そして、「労務単価の状況について、必要な情報について、その都度提供させていただくことを、これからも丁寧に進めてまいりたい」と答えました。
2016/07/17

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。