日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

永年勤続議員表彰 議員代表し祝辞

(玉敷公園で12日)
(玉敷公園で12日)


 6月市議会が開会中です。初日(15日)の本会議で冒頭、全国市議会議長会などから永年勤続表彰を受けた議員に対し、表彰状の伝達が行われました。

 このあと私が、市議会議員を代表し、祝辞を述べました。以下は、その要旨です。





 このたび、全国市議会議長会並びに埼玉県市議会議長会から、福島正雄議長と小林信夫議員のお二人に対し、永年勤続議員表彰が贈られました。また大橋市長から、平井喜一朗議員はじめ福島議長と小林議員の3名の議員に、自治功労の議員表彰が贈られました。誠におめでとうございます。

 永年勤続議員表彰と自治功労を受けられた3名の議員の方々に、加須市議会の議員を代表し、お祝いを申し上げます。

 永年勤続議員の表彰を受けられた議員には、特別な思いが、おありかと存じます。

 議員は、住民から直接、選挙によって選出されております。このため、全国市議会議長会の永年勤続議員の表彰は、市民各位のご鞭撻はもとより、4年ごとに執行される選挙によるハードルを幾度も乗り越えてきた「証し」でもあります。

 これは、ご自身のご努力は勿論こと、市政の主権者である、市民のみなさんによる、各議員に対するご支援の賜物である、と私は信じております。
画像

 地方自治の制度は、行政を執行する首長と、市民の代表機関である議会を構成する議員が、ともに、有権者から直接選挙で選出される二元代表制となっています。

 その一翼を担う議会の果たす役割は益々重要になっており、その任務は重くなっています。

 いま、加須市政は合併6年目を迎え、人口減少に歯止めをかけ、住みよい街づくりめざす、まち・ひと・しごとの総合戦略、また総合振興計画基本構想における後期計画のなどの推進、

さらには、市民のいのちと健康を守るため、急性期疾患に対応できる医療機能の誘致等々、市民のために、解決を求められている問題が山積しております。

 このような中で、永年勤続および自治功労の表彰を受けられた議員の皆様が、これまで培われた経験を生かし、その役割を果たされることに期待が高まっております。

 表彰を受けられた3名の議員の方々が、その経験を生かされ、いっそう研鑽に努められ、健康には十分にご留意を頂き、加須市政の更なる伸展、地域福祉の向上のため、ご活躍されることを心から申し上げ、祝辞と致します。本日は、誠におめでとうございます。
2016/06/17

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。