日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

学校エアコン ないのは加須だけ

(桜が開花・不動尊で26日)
(桜が開花・不動尊で26日)

 猛暑の夏、子どもが教師に「先生、エアコン設置して」と頼んでいます。これには教師が困っています。

 私は予算市議会で、子ども達が快適な環境の下で学習ができるよう、市内の小中学校30校すべてにエアコン設置について、本会議の一般質問・予算修正案の説明・討論を行なってつよく求めました。


 先ず、一般質問(3月7日・本会議)で私は、エアコン設置を市長に求めました。大橋市長は「優先順位として低い。優先すべきは他にもある」と答弁。

 そこで私は、「あれかこれかの問題ではない」と反論。「(学校の)大規模改造もエアコン設置も同時並行で行なう。これは為政者としての衿持である」と、批判しました。

 そして私は、最終日の本会議(17日)で、党議員団が提出した予算修正案の説明で、小中学校30校すべてにエアコンを設置し、来年の夏から稼働できる方法を、財源を示して具体的な提案を行ないました。

 さらに私は、市長が提出した一般会計予算の原案に対し、以下のように討論を述べました。
 
 市民の願いに背き、行政の立ち遅れが甚だしい問題です。
これは、小・中学校のエアコン設置の問題です。加須市に接する羽生市・行田市・鴻巣市・久喜市の小中学校にはすべてエアコンが設置され、児童・生徒は猛暑の中でも、快適な環境の下で勉強できる環境にあります。
画像

 ところが加須市は、保護者PTAが昨年、エアコン設置を求めて陳情しているのに、子どもと保護者、市民の願いに背いています。 

 エアコン設置も学校施設の大規模改修も同時並行で実施する、他市でも行なっていることが、なぜ出来ないのでしょうか。

 為政者として衿持があるのでしょうか?
2016/03/27

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。