日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

通知カード 2000人に届かず

(ボケ・諏訪神社で2月28日)
(ボケ・諏訪神社で2月28日)

 昨年10月から、すべての国民に12桁番号を付番し、行政が12桁の番号によって、一人ひとりの市民を管理するマイナンバー(個人番号制度)が導入されています。

 12桁の番号は通知カードによって、世帯ごとに郵送しています。ところが、未だにおよそ市民2,000人に番号が通知されていません。


 この事実は、2月25日にひらかれた本会議で私の質疑、および29日の総務委員会で私の審査で明らかになりました。

 マイナンバー導入から5か月も過ぎているのに、マイナンバーの通知カードが未だ市民に届いていません。通知カードは、世帯ごとに郵送によって届けられています。

 ところが、通知カードが届いていない世帯は、およそ875世帯にのぼっています(2月26日現在)。これは全世帯の約2%にのぼり、市民に換算すれば、およそ2,000人の市民に、12桁番号が届いていないことになります。

 また、市が実施している、コールセンターへの問い合わせは、929件にのぼります(同)。

 私は、2月25の本会議で、以下のように指摘しました。

そもそも、12桁の個人番号を通知する「通知カード」が届かなければ、マイナンバー制度がおおもとから崩れることになります。また、12桁番号がないことをもって、行政サービスから排除されるようなことがあってはならない。
2016/03/01

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。