日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

47議案を審議 不服申立て関連9件

(河津桜・諏訪神社で16日)
(河津桜・諏訪神社で16日)

 予算市議会が開会中です。新年度予算を審議する予算市議会が18日、本会議をひらいて開会しました。会期は29日間。

 審議している議案は、新年度予算、補正予算、条例関連など全部で47件。

 市議会は議案調査を行なって、25日と26日に本会議をひらき、質疑を行ないます。私は明日(22日)、議案を調査・チェックし、議長に質疑を通告します。


 審議している議案は、◇2016年度予算が14件(一般会計予算・国民健康保険事業など特別会計11件・水道と下水道の企業会計2件。◇2015年度補正予算6件(一般会計補正予算は8億9,334万円の追加)。◇条例関連の議案は19件。◇市道の認定4件・廃止3件。

 条例関連の議案のなかで、新規条例は3件です。その内訳は、行政不服審査法改正による新規条例2件。それに消費生活センター条例です。

 条例関連の議案のなかで、行政不服審査法の改正による条例改正が、新規条例を含め全部で9件におよんでいます。条例関連の19議案のうち、約半数が行政不服審査法改正に関連した条例改正です。

 行政不服審査法は、行政(加須市等)が行なった処分に対し、国民(市民)がその見直しを求め、行政庁(加須市)に対して、不服を申し立てる手続きを定めている法律です。

 この法律が全部改正され、4月から施行になることから、条例の整備を行なったものです。主な改正内容は、以下のとおりです。

 ド塢申して等を「審査請求」に統一。
 ・現行の「不服申立て」、「異議の申立て」を「審査請求」に統一します。
◆タ該裟禅瓩任る期間を、現行60日から「3か月」に延長します。
.行政処分に関与しない者(審理員)が審理にあたります。
 ・現行は、行政処分した者(職員)が不服申立ての審理にあたるケースがあります。
ぁト獣任療否を第三者の立場で審査するため、「行政不服審査会」を設置します。

 なお、市議会で審議している、議案の概要は以下のとおりです。




《予算市議会で審議中の議案内容》

■2016年度予算案―14件
 ○2016年度一般会計予算 388億4,000万円
 ○国民健康保険、介護保険等特別会計予算11件 総額257億4,071万円
 ○水道と下水道の企業会計予算2件 総額84億7,331万円
画像

■2015年度補正予算―6件
 ○一般会計補正予算 8億9,334万円の追加
 ○国民健康保険、介護保険等特別会計補正予算―4件
 ○下水道事業企業会計補正予算

■条例関連の議案―19件
 ○新規条例3件
  ・行政不服審査法改正による新規条例2件。消費生活センター条例。

 ○国民健康保険税条例の改正
  ・医療給付費分の所得割0.2%引上げ、資産割4%引下げ、
   課税限度額(医療・介護・後期高齢者医療)を各1万円引き上げ。

 ○行政不服審査法改正による条例改正は全部で9件
  ・うち2件は新規条例

 ○議員、特別職、市職員の給与、人事行政等の条例改正―6件
  ・うち3件は、行政不服審査法改正による条例改正含む。

 ○南篠崎体育館改修による使用料改定の条例改正
 ○介護保険法改正による基準の見直しに関する条例改正2件
 ○市道路線の認定4件、廃止3件
2016/02/21

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。