日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

障がい者入所施設 入所待ち35人

(サザンカ・不動岡公園で1日)
(サザンカ・不動岡公園で1日)

 障がい者入所施設の入所待ちが35人にのぼります。4年間で2倍に増加しています。

 私が9月市議会で、施設の増設を提案しました。以下はその要旨です。





 市内の障がい者が施設を利用している状況は、‐鏤介護・昼間の活動支援が212人、¬覺崙所が122人、グループホームに80人(2014年度)です。

 施設に入所できるのは、障がい支援区分4以上の人です。ところで、入所待ちの人が4年間で2倍に増加しています。入所待ちは、2011年2月は17人でした。しかし、4年後の今年は35人にのぼっています。

 私が、こうした実態を示し、入所施設の増設を提案しました。これに対し矢嶋孝夫福祉部長は、「安全・安心のまちづくりめざし、…気持ちを受けとめ取り組んでまいります」と答えました(9月29日・決算特別委員会)。


※障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)

第1条の2
「障害者及び障害児が日常生活又は社会生活を営むための支援は、全ての国民が、障害の有無にかかわらず、等しく基本的人権を享有するかけがえのない個人として尊重されるものであるとの理念にのっとり、全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現する」ことを目的に、制定されています。

 そして、「どこで誰と生活するかについての選択の機会が確保され」(同条)るもの、と定めています。
2015/11/10

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。