日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

決算委 総括質疑を通告

(萩・はなさき公園で16日)
(萩・はなさき公園で16日)

 いま市議会は、決算特別委員会(以下は決算委)をひらいて審査中です。私は昨日(25日)、決算委の最終日・29日に行なわれる総括質疑に対し、質疑を通告しました。

 会期32日間で審議している9月定例市議会。審議がすすみ会期は終盤です。

 市議会は、決算委で2014年度決算の審査が17日から始まり、5日間の日程で集中的に審査を行なっています。これまで、17日、18日、24日、25日―4日間、審査してきました。

 はじめの3日間は決算委に、決算の各科目を所管する課長が出席し、委員が質疑を行なって、審査してきました。3日間とも審査時間を延長し、午後6時過ぎ、7時30分近くまで慎重に審査しました。

 昨日は、委員が現地に直接出向いて審査する「現地調査」を行ないました。決算委の審査は、29日に行なう審査の最終日=総括質疑を残すだけです。

 現地調査が終わったあとで、私はこれまでの審査を踏まえ、総括質疑を通告しました。私の質疑は、市政の各分野におよび、全部で31項目にのぼります。

 通告後、市長部局などの依頼に応じ、業務を所管する各課長のヒアリングに応じました。ヒアリングは午後6時から開始。担当課長7人に対応し、午後10時50分まで通算4時間50分、一切休憩なしで続行しました。

深夜になったことから、ヒアリングは一旦中断。週明けの28日、朝から再開します。昨夜、私が市議会を後にしたのは、午後11時をまわっていました。市議会の審議は、まさに佳境です。

 なお、私が通告した総括質疑の項目は以下のとおりです。
 
 ○市税と市民のくらしについて
 ○地方交付税と合併算定替えによる影響について
 ○地域循環型経済に位置付けた公共工事の発注について
 ○各種基金の管理は安全・有利な方法で対処する
 ○個人情報セキュリテイとマイナンバーの問題
 ○同和事業の問題について
 ○障害者自立支援事業における待機者について
 ○介護保険事業について
画像
 ○子ども・子育て支援計画の策定等について
 ○「同和保育」の問題について
 ○少子化対策について
 ○救急医療と医師の確保対策について
 ○ごみ減量化について
 ○農業創生センターと地域農業振興について
 ○農業集落排水事業について
 ○木造住宅の耐震化対策について
 ○土地開発基金の運営について
 ○公共下水道について
 ○身の丈超える開発事業の問題について
 ○市営住宅の効率的活用について
 ○小集落改良住宅について
 ○埼玉東部消防組合について
 ○拠点避難所の整備について
 ○栄・火打ち沼地区広域避難地整備事業
 ○教育委員会の運営について
 ○学力アップ事業について
 ○学校施設整備事業と財政運営
 ○就学援助について
 ○同和集会所学級等について
 ○地方債残高の考え方について
 ○財政運営全般について
2015/09/26

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。