日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

9月市議会 中間報告です

(コムラサキ・はなさき公園で16日)
(コムラサキ・はなさき公園で16日)

 会期32日間で開会中の9月定例市議会。

 会期は後半に移り、いまは、決算特別委員会で審査が佳境です。そこで、これまでの審議について、中間報告します。


■8日・本会議 質疑を2時間30分 
 9月1日に開会した9月定例市議会。議案調査を経て、市議会は8日、本会議をひらいて、市長が提出した28議案に対し、質疑を行ないました。私が、市民の暮らしに係わる9議案・16項目について質疑しました。

 このなかで、◇小中学校にエアコン設置、◇株式会社運営の保育所設置、◇マイナンバーの問題、◇市民の暮らしと所得、◇国保税引き下げ、◇公立幼稚園の3年保育実施と意思疎通―などについて、市長などと2時間30分にわたって、議論を展開しました。

 特に私は、株式会社運営の保育園設置について、「子ども局」が極端な秘密主義をとっていることを、厳しく批判しました。また、公立幼稚園の3年保育実施に関し、加須市の保育行政をけん引する私立保育園関係者と、市が意思疎通を欠いている問題を指摘。話し合いの場を設け、「溝」の解消を提案しました。

 なお、議長に質疑を通告後、市長部局等の依頼により、担当課長14人とヒアリング(3日)を5時間45分行なっています。


■14日・本会議 一般質問を1時間
 次に、私が本会議で質問したのは14日。
画像

質問のテーマは、◇貧困から子どもを元気にする就学援助の拡充、◇公共工事の設計労務単価を現場労働者に支給する、◇マイナンバー・個人情報セキュリテイ対策の重大欠陥、◇時給の改正。

 特に、マイナンバーに係わって、市の個人情報保護セキュリテイ対策に重大な欠陥があることを告発しました。

 個人情報を保存している基幹系システムと、インターネットにつながっている情報系ネットワークが接続されており、市のセキュリテイ対策に重大な欠陥があることを、私が質問を通じて初めて明らかにしました。

 質問は、一問一答方式によって市長、教育長などと1時間にわたって議論を展開。市民の立場から建設的で、市政を前にすすめる濃厚な内容となった、と自負しています。

 一般質問を通告したあとで私は、市長部局などから依頼があり、担当課長6人と3時間30分にわたって、ヒアリング(8月26日)に応じました。


■15日・総務委員会 補正予算・マイナンバー条例など審査
 そして15日、私は総務委員会で補正予算、マイナンバーを導入する条例などを審査しました。

 補正予算の審査では、株式会社運営の保育所設置について質疑。この間、私の提案によって、「子ども局」が異常な秘密主義を是正し、事務の透明化がすすみ、業務が改善の途上にあります。

 また、マイナンバー導入条例(基本条例)について、委員会で質疑したのは私ひとりだけでした。他会派の委員から、「小坂さんがいなければ、質疑なしだった」という声が寄せられました。

 委員会の審査で、個人情報保護セキュリテイを確立するため、基幹系と情報系のネットワークを切断する抜本的な対策には、「最大で6億円かかる」ことが判明。

 また、市が取り扱う事務のうち、マイナンバー12桁番号で紐づけられる、具体的な手続きが651項目にのぼる―こうした内容が私の質疑で明らかになっています。この日、委員会の審査は、午後5時まで続きました。


■決算特別委 17日から審査始まる
 さらに、17日から決算特別委員会の審査が始まりました。
画像
私が委員です。審査日程は5日間。

 17日は、歳入と歳出の総務費を審査。時間を延長し、午後6時10分まで審査しました。

 18日は、歳出のうち、民生費、衛生費、労働・農業・商工の各科目について、時間を延長し、午後7時15分まで審査しました。

 決算特別委は、連休明けの24日に再開。審査を続行します。
2015/09/21

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。