日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

特養ホーム増床 160床を計画


 開会中の予算市議会は、4月から始まる、介護保険の第6期事業計画(2015年度〜2017年度の3年間)について、審議しています。

 高齢者に介護サービスを提供する介護保険は、介護保険料を支払っても介護基盤が不足し、希望する介護サービスが受けられません。

 とりわけ、特別養護老人ホーム(特養ホーム)の入所待ちが374人(昨年7月)にのぼっています。

 このため、市は180床の増床(2施設)を準備し、4月から入所が始まります。しかし、すべて市内の高齢者が入所できるわけではありません。結局、約230人が入所できません。
 

 そこで私は、第6期計画の策定にあたって、増床しても、なお入所待ち高齢者が多数にのぼり、向こう3年の間に、さらに入所待ちの人が増えることを指摘。第6期計画で、特養ホームの増床を計画するよう提案してきました(昨年9月議会)。

 私が19日の本会議で、計画の内容について質疑したところ、矢嶋孝夫・福祉部長は、「平成30年3月入所で、特養ホーム160床を新規整備する」と答えました。

*介護保険は、3年ごとに、介護サービスの計画をつくり、実施する仕組みになっています。4月から、第6期計画が始まります。
2015/02/21

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。