No.58号 2005年春季号


日本経団連の改憲要求とその歴史的社会的責任 福田 静夫

特集:拡大するEUの現状と課題

「労働関係からみたEU」早分かり

宮前 忠夫
フランスから見たEU憲法 福間 憲三
アメリカ「単独主義」とヨーロッパの将来 平河  寛

国際・国内動向

 改憲をめぐる情勢とたたかいの広がり

今井 文夫
 連合、全労連05春闘結果の評価と課題 鹿田 勝一
 イラク選挙後の中東情勢 尾崎 芙紀
 労働総研創立15周年記念海外調査に参加して 斉藤 隆夫
書評
 平地一郎著『労働過程の構造分析』 藤澤 建二
新刊紹介
 阿部芳郎著 『ウィと言えない「ゴーン改革」』 坂ノ下 征稔
 大江洸・三上満・小林洋二著『憲法―人生をかけて守るもの』 小川  薫
 全労連編『世界の労働者のたたかい2005』 藤吉 信博


一部 1250円(送料180円)、年間講読 5000円(送料込)
申し込み先→労働運動総合研究所(略称:労働総研)
〒114-0023 東京都北区滝野川3-3-1
ユニオンコーポ403
TEL 03-3940-0523
FAX 03-5567-2968


\戻る\