活動レポート

▶ indexに戻る

参議院選挙 ご支援ありがとうございました!
公約実現に全力!

画像
東京選挙区 吉良よし子再選 共産党7議席

 21日投開票の参議院選挙で、日本共産党は、比例代表で4議席、選挙区で3議席の計7議席を獲得しました。
 選挙区では、東京(定数6)吉良よし子氏、京都(定数2)倉林明子氏が議席を守り、埼玉(定数4)で伊藤岳氏が21年ぶりに党の議席を獲得しました。大阪のたつみコータロー氏は残念ながら議席を失いました。
 全国32の1人区すべてに擁立した野党統一候補は、10選挙区で勝利し、改選2議席から大きく前進しました。自民、公明、維新などの改憲勢力が、改憲発議に必要な3分の2を阻止したことは極めて重要です。
 一大争点となった年金問題で、日本共産党は「マクロ経済スライド」を廃止し、「減らない年金」を提案。消費税、家計支援、憲法などの問題でも、批判とともに「希望」を語る積極的な論戦を展開し、多くのみなさんから共感の声が寄せられました。
 安倍政権の改憲策動許さず、何よりもくらしが大切にされる政治へ!掲げた公約の実現に全力を尽くす決意です。

画像
画像

このページの先頭へ ▲