活動レポート

▶ indexに戻る

2019年4月 杉並区議会議員選挙 議席増目指し、くすやま美紀の活動地域が一部変更に

赤斜線部分が野垣あきこさん、青斜線部分が山田耕平区議の担当地域となります。
赤斜線部分が野垣あきこさん、青斜線部分が山田耕平区議の担当地域となります。
天沼、上荻地域は野垣あきこさんへ 
西荻北地域は山田区議へバトンタッチ
 
日本共産党杉並地区委員会は2019年4月に実施される杉並区議会議員選挙の予定候補者を決定しました。
 日本共産党は、現在の5議席から7議席へと2議席増をめざします。それに伴い、現職議員の担当活動地域が一部変更となります。
 私の担当地域として活動してきた天沼、上荻1〜3丁目は新人の野垣あきこさんに、西荻北、上荻4丁目は山田耕平区議会議員の担当地域となります。
 天沼、上荻地域のみなさんには5期20年、西荻北地域のみなさんには、3期目からの12年間、大変お世話になり、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
 今後、私の担当地域は、荻窪と西荻南地域に縮小となり、厳しい闘いが予想されますが、6期目の当選と、杉並で7議席を何としても勝ち取るために全力で頑張る決意です。
 引き続き、みなさんの大きなご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

天沼、上荻、西荻北地域のみなさん ありがとうございました!
 長年にわたってお世話になった地域と離れることは、本当に辛い思いがあります。しかし、区民が主人公の区政を実現するためには議席増に挑戦することが必要であり、活動地域を狭めても7人全員が当選することが必要です。
 地方議会においても、共産党が議席を増やしていくことは、国政での安倍暴走政治を転換するためにも大きな力となります。
 野垣あきこさんは、6月に行われた区議会議員補欠選挙の候補者として奮闘しました。若く、行動力のある人です。山田耕平区議会議員は、社会福祉士でもあり、2期目ながら、現在、党区議団の幹事長も務める頼もしい政治家です。
 今後も、力をあわせて、住民福祉の向上のために、がんばります。
このページの先頭へ ▲