活動レポート

▶ indexに戻る

豪雨対策強化を 党区議団 区に申し入れ

画像
 8月27日に発生した短時間集中豪雨で、杉並区では20分間で70ミリに達する雨量を観測し、阿佐ヶ谷駅周辺での大規模冠水をはじめ、区内各所で道路冠水、家屋浸水などの被害が発生しました。
 9月7日、党区議団は杉並区に対して豪雨対策の抜本的強化をもとめる申し入れを行ないました。
 申し入れの内容は、27日の集中豪雨による被害状況の把握、地域ごとの原因分析及び根本対策の検討と推進、災害ゴミの無償回収など、10項目です。
 特に区議団調査で判明し、区が把握していない被害箇所についても対策を行なうよう強く求めました。
このページの先頭へ ▲