活動報告

▶ indexに戻る

2017年3定報告②原水爆禁止署名運動発祥の地・杉並の区長として政府に核兵器禁止条約への参加を求めよ

7月、国連会議で採択された核兵器禁止条約についての質問では、条約の意義や不参加を表明している日本政府の態度について、区長の認識を質すとともに、日本政府へ条約参加を求めるべきと迫りました。
 区は、条約採択については肯定的な見解を示す一方、日本政府の態度については明確な答弁を避け、政府に対して条約参加を要望することは考えていないと答弁。原水爆禁止署名運動発祥の地・杉並の区長としては、あまりにも消極的な姿勢を示しました。核兵器を求める被爆者と区民の声に寄り添い、政府に対し積極的な条約参加を求めるべきです。
このページの先頭へ ▲