日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
とば恵のページ
TOP
BACK
INDEX
マスク配布で埼玉朝鮮幼稚園を対象外
子どもの命は平等に!
さいたま市抗議受けマスク配布へ
 2月議会は、新型肺炎コロナウィルスの広がりの中、現場の対応を考慮して日程を変更しながら行われました。終盤の予算委員会の質問は、学校の休校に伴う放課後児童クラブの負担に集中し、災害用備蓄マスクを必要な施設に配布をと市に迫り、3月9日から備蓄マスク24万枚のうち、9万3000枚を市内の保育所や幼稚園、放課後児童クラブなど、1000あまりの施設に配布されました。ところが埼玉朝鮮幼稚園が対象外とされたことから、11日園長、教職員、弁護士たちが抗議、4時間に及びました。この時市の職員が「さいたま市の指導監督施設に該当しないため、マスクが不適切に使用された場合、指導できない」と発言。配布量は1施設につき50枚入り1箱程度。園長は「1箱が欲しいのではない。子どもの命を平等に扱ってほしい」と抗議。12日市議団は担当部署にマスク配布対象に朝鮮学校も含めるよう求めました。
 13日、市は市内にある私立や国立の小学校、各種学校などの管轄外施設についても配布を決定しました。生命にかかわる重大な問題で市の非人道的で差別的な措置があらわになりました。
PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.