日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
とば恵のページ
TOP
BACK
INDEX
対話による解決の道を粘り強く
 北朝鮮が弾道ミサイルを発射した8月29日早朝、テレビ各局は番組を一斉に中断し、全国瞬時警報システムJアラートの画面に切り替え、ミサイル報道一色。政府広報でも弾道ミサイル落下時の行動ばかりを示しますが、ミサイルを飛ばさせない努力を何一つしていないのが日本政府です。
 小さな島国に原発が密集するこの日本に本当にミサイルが落ちたら、丈夫な建物に隠れようと、頭を守ろうともうおしまいです。日本共産党は、米朝両国に強く自制を求め、危機打開のために無条件で直接対話に踏み出すことを呼びかける「声明」を発表し、米朝両国、関係国、国連事務総長にも伝達してきました。
 米朝の間にまったくコミュニケーションがなく、挑発を繰り返し、いつ『誤解』や『偶発的事態』で軍事衝突が始まるかわからない危険が迫っています。 軍事衝突で一番被害を受けるのは日本、韓国の国民です。  「いまは対話のときではない」と主張し核兵器禁止条約にも背を向ける安倍政権の姿勢は挑発そのものです。日本政府は米朝両国に、いまこそ無条件で直接対話へ踏み切るよう求めるべきです。
 唯一の被爆国として核兵器禁止条約にサインする政府、北朝鮮の核開発をやめさせる本気の外交に取り組む政府をご一緒につくりましょう。

PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.