日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
とば恵のページ
TOP
BACK
INDEX
民族差別を煽る「ヘイトスピーチ」は許せない!
 『在特会(右派団体)』がヘイトスピーチ・デモを行うことを知り、日本共産党は事前にデモ会場付近(大宮区)と大宮駅東口で「ヘイトスピーチは許さない」宣伝を行いました。デモを知らせるチラシを配布し「一緒に抗議しましょう」と呼びかけました。
 「朝鮮学校を潰す」と悪質なヘイトデモを繰り返してきた『在特会』。近くには朝鮮初中級学校もあり、300人近い子どもたちが通学。通りかかった朝鮮学校男子生徒が「日本の人たちはこんなふうに思っていたのか。傷ついた。何も悪いことをしていないのに」と。罪もない子どもたちが国籍だけで差別されている、胸の痛む言葉でした。
 さいたま市議会は、昨年「ヘイトスピーチ対策に係る法整備を求める意見書」を全会一致で可決しました。差別されずに平和に生きられる社会はみんなの願いです。
 デモ当日氷川参道は、日の丸・旭日旗を掲げた『在特会』と抗議する市民団体や警察で騒然。日本共産党と地元住民は、法務省人権擁護局のポスターをずらりと掲げ、静かに抗議のスタンディングを行いました。日本共産党は、人権無視・民族蔑視のヘイトスピーチを取り締まる法律の制定、在特会と政治家の癒着を断つこと、国や自治体の毅然とした対応を提案しています。
PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.