日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
戸島よし子のページ
TOP
BACK
INDEX
大和田1丁目に一年でも早く小学校建設を
 7月5日、「大和田1丁目に小学校建設を早期に求める会」(代表三上誠)が、市長と教育長にあて署名921筆を追加提出し、教育委員会と区画整理支援課など担当課と交渉しました。提出署名は、合計3,885筆になりました。懇談には戸島よし子市議、とばめぐみ衆院埼玉1区予定候補も同席しました。
 学校施設課長は「区画整理事業者と連絡を綿密に取りながら、隣接する調整池の完成や道路のつけかえなどの条件が整ったところで、工事着手のタイミングをはかり、すぐに建設に着手できるように準備を進めていく」と回答しました。
 区画整理支援課長は「隣接地の調整池の設計を進めており、工事は30年から32年に行う予定。学校周辺の道路や水道・下水道などのライフライン整備は31年から34年の工事になる」と回答。
 参加者からは、過大規模校になっている大砂土東小や大谷小などの子どもたちの通学状況や教育現場の大変さ、周辺住民の声、などが出されました。
 戸島よし子市議は、「詳細設計などの準備は、区画整理完了前に済ませ、工事完了に合わせて建設工事に着手すると表明したことは評価できる。しかし学校建設に2年間かかるとなるとあと6年は待たされる。建設技術なども進歩しているのだから、区画整理の関係部署と協議して周辺道路整備と学校建設を同時にできるようにして、一年でも早く開校できるようにしてもらいたい」と要望しました。
 会の皆さんは「今後も早期開校に向け取り組んでいく」と確認しました。

PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.