日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
戸島よし子のページ
TOP
BACK
INDEX
市民のニーズが高い市営墓地・斎場は
指定管理でなく市が直営を
 9月9日、9月議会本会議において、党市議団の戸島よし子市議が議案に対する討論を行いました。この議案は、思い出の里市営霊園・斎場、浦和斎場、ひかり会館についてそれぞれの施設に指定管理者制度を導入しようとするものです。
 思い出の里市営霊園(見沼区大谷)は、墓地の公募に対する応募が高く、倍率は6〜20倍となっています。無縁遺骨が年間100件あり、今後も増加が予想されます。戸島市議は「市営墓地は、安価な販売価格や使用料で高い市民ニーズがある。ひとり暮らしの高齢者の増加などで、無縁遺骨への対応は公営墓地や納骨堂の重要な役割のひとつ」と主張しました。
 思い出の里及びひかり会館(中央区本町東)の両斎場は直営で運営され、多くの葬儀会社と関係し、市民に安価な使用料で提供しています。戸島市議は「公営の斎場がなくなることで市民の信頼や安心が損なわれる懸念がある」と指摘しました。
 戸島市議は「健康福祉の分野は『ゆりかごから墓場まで』と言われるように、市民生活に密着している。市民生活に欠かせない墓地や斎場などを行財政改革の名のもとで安易に指定管理すべきではない」と指摘しました。
 結果、墓地及び納骨堂(思い出の里市営霊園)の指定管理者導入は、全会派一致の反対で否決され、斎場及び火葬場(浦和斎場、ひかり会館)の指定管理者導入については、党市議団は反対しましたが、自公民などの賛成多数で採択されました。
PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.