日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
戸島よし子のページ
TOP
BACK
INDEX
現在地に残してほしい
=小児医療センターを視察=
 6月8日、県立小児医療センターを視察し、地元住民や患者家族の皆さんとも懇題しました。
 県立小児医療センターでは、未熟児新生児病棟のNICUを中心に、施設の老朽化と耐震問題、施設が手狭になっている現状を視察。患者家族等からは、「最近、患者であったこどもが亡くなりショックを受けた。『医療機能を残す』というが、177人の重症患者の入院機能を持った診療所は、移転するまでの経過的措置だ」「東部地域では、救急やNICUのある小児病院は絶対必要。今後も求めていく」「比較的新しい病棟=発達外来棟を使って、40床のレスパイト施設『医療型障害児施設』をつくると言っている。こうした施設は必要だ」「岩槻特別支援学校を閉鎖せずに、特別支援学校として残してほしい」等意見が出されました。
 私は、市に対し県との協議をしっかりやることや、意見や要望を伝えることを求めていかなければならない、と改めて感じました。また、市が認可することになる『医療型障害児施設』については、経過を見ながら充実したものにしていく必要を感じました。
PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.