日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
戸島よし子のページ
TOP
BACK
INDEX
市営住宅の戸数増を
 私は、2月議会の予算委員会で質問に立ち、道路整備、下水道料金値上げ、市営住宅の増設を取り上げました。さいたま市の市営住宅の戸数は2596戸で、政令市の中でダントツ最下位になっています。西区や岩槻区などの市営住宅を建替える計画がありますが、高層住宅にする計画なのに戸数は全体で5戸しか増やしません。私は、住宅戸数を増やすよう求めました。

戸島 H25年度の市営住宅の応募状況は、応募戸数27戸に応募者608人。倍率は22.81倍と高い。市民の市営住宅への要求が強いことがわかる。この状況をどう認識しているのか。
  御指摘の通りの数値となっている。政令市で最下位であると認識しているが、民間住宅に空きがある状況が続いている。
戸島 市営住宅の建替えで増やすのは5戸のみ。費用対効果からも戸数増について見直すべきではないか。
  戸数を増やすことは、公共施設マネジメント計画で「現状維持」となっているので、その方向でやっている。
戸島 高齢化が進む中で、低家賃の民間アパートは減少している。低年金の高齢者や社会的弱者が住まいを確保するのが困難な時代。単身者やバリアフリー化対応の市営住宅のニーズが高まっている。さいたま市の政策として市営住宅が必要だ。
  公営住宅では高齢化が速いスピードで進んでいる。単身者用やバリアフリー化などニーズに合わせて対応が求められている。今建設している住宅では、単身者用50%に増やしている。

 市営住宅入所の申し込みの倍率は約23倍。希望する人が入居できるよう、今後も増設を求めて力を尽くします。

PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.