日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
戸島よし子のページ
TOP
BACK
INDEX
七里駅東側の踏切拡幅実現へ
地元住民と日本共産党後援会が、七里駅東側踏切の拡幅を求め署名運動に取り組んできました。署名は885筆になり、3月6日、さいたま市役所を訪れ担当課に要請しました。七里駅踏切の拡幅は「東武野田線をよくする会」(代表青柳しんじ)が以前から要望してきました。対応した土木部次長と道路環境課長は、「境界線の確定や東武鉄道などとの協議が整い、H26年度中に工事をしていきたい。図面はできており、踏切の両側に各1.5mずつの歩道を整備する。来年3月末までに拡幅できる見通し」と回答しました。

歩道の整備も要望
 踏切から春里中までの間の歩道が「狭く傾斜していて危険」と、踏切拡幅とともに歩道整備を求めました。道路環境課長は「七里駅北側の区画整理地内なので区画整理との関係で調整中」と回答しましたが、「通学路にもなっているのに危険。何とか整備を」と再度要望し、「現地を調査し、北部建設事務所と相談していく」との回答を得ました。
この要請には戸島よし子市議と青柳しんじ、とばめぐみが同席しました。


2月議会代表質問で求める
 戸島よし子市議は、2月代表質問で踏切拡幅を取り上げました。
戸島 見沼区の危険踏切の現状と今後、どう整備を進めていくのか。
市  「緊急に整備すべき踏切は」は、見沼区内では、JR宇都宮線の2ヶ所と東武野田線七里駅東側の1ヶ所になっている。七里駅東側(野田千29号踏切)は、H26年度に工事を予定している。
との答弁を得ていました。

PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.