日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
戸島よし子のページ
TOP
BACK
INDEX
下水道料金料金値上げは撤回を―代表質問で追及
 戸島よし子市議は、2月19日、代表質問にたち、下水道料金の大幅値上げ案を撤回するよう清水市長に求めました。
 
代表質問に立った戸島よし子市議
代表質問に立った戸島よし子市議
市の計画は7月から平均21・6%の値上げで、一般家庭で月20㎥使用した場合、年5,000円増、事業所が月100㎥使用した場合、年約6万円の負担増になります。
 戸島市議は、大幅値上げの背景に、2010年度の前回の値上げで、下水道整備事業への市からの出資金をゼロにしたこと、今回の値上げに伴って汚水処理事業への補助金もゼロにしようとしていることを指摘しました。
 相川市政では、下水道整備への市の出資金が約35億円ありましたが、清水市政でゼロになり、その結果、企業債(借金)への依存度が09年度45%(約82億円)から12年度63%(約91億円)に増えました。借金が増えれば元金・利息の返済が当然増え、年間約150億円となっています。
「重要な生活基盤である下水道は、市の責任で整備すべきだ。一般会計から出資金を出すのは当然」と迫りました。
 また、戸島市議は「汚水処理は、使用料で十分まかなえているのに、利息返還金43億円が支出に含まれるため、赤字となっている。この赤字補てんのために一般会計から補助金を出してきた」と追及。
 答弁に立った木下副市長は「公営企業会計なので独立採算が原則」として、企業債や市民負担が増えることを容認し、一般会計の補助を拒否しました。
 戸島市議は「公営企業会計でも、『公営企業法』で一般会計から補助はできるとされているし、市が整備すべき事業に公費を投入するのは当然。他市でもやっている。公費を減らしその分を市民負担増でまかなうべきではない」と市長の決断を求めました。

PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.