日本共産党さいたま市見沼区委員会:福祉の充実、安心・安全なまちづくり/市民の願い実現に全力をつくします
日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
戸島よし子のページ
TOP
BACK
INDEX
福祉の充実、安心・安全なまちづくり
市民の願い実現に全力をつくします
昨年末の総選挙では、古い自民党型政治から抜け出すことが出来ず、公約を破り国民を裏切り続けた民主党への強い怒りと失望が示されました。自民党が圧勝し、自公政権が復活しましたが、比例票で自民党は219万票減、公明党も94万票減が示すように国民が自公の復活を望んだわけではありません。
 4年前、民主党に担がれ、市政の転換を訴えて誕生した清水市政もこれまでの保守市政の継承で大型開発は温存し、下水道料金、国保税、介護保険料と次々と負担増を市民にかぶせ、今後も負担増のメニューが目白押しです。
 さいたま市の福祉や教育の現状を他の政令市と比較すると、病床数や医師数、市営住宅戸数、一学級当たりの生徒数、教員一人当たりの児童数など最悪の19位です。そのほかの分野でも見劣りする状況に置かれています。市民の願いは、福祉の充実とくらしを支える安全・安心のまちづくりです。市の財政には、十分な余力があります。豊かな財政を市民の願い実現に生かす市政とするために全力を尽くします。
 今年は、5月に市長選、市議補選が、7月に参議院選挙が行われます。みなさんの大きなご支援をよろしくお願い致します。
PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.