日本共産党さいたま市見沼区委員会:県立小児医療センターは現在地建て替えを
日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
戸島よし子のページ
TOP
BACK
INDEX
県立小児医療センターは現在地建て替えを
要請を受ける共産党市議団
要請を受ける共産党市議団
 岩槻区馬込にある県立小児医療センターをさいたま新都心に移転する計画に対し、周辺自治体や「患者家族の会」などは県に対し、「現在地に存続して!」と請願や署名を添えて要望しています。 
 さいたま市議会にも、岩槻区医療生協等が存続を求める請願を提出し、継続審議となっています。「移転ではなく、現在の自然環境の豊かな、広大な敷地での建替え」を求めて、6月7日、請願提出者の皆さんが、市議会を訪れ、各会派をまわり請願を採択するよう求めました。 この要請行動には日本共産党の青柳しんじ埼玉一区国政対策委員長も同行しました。
 日本共産党市議団は、県議団や周辺自治体とも連携し、現在地での建替えを求めています。また、埼玉県として総合周産期母子医療センターの整備のため、日赤を母体として人的・財政的に最大限支援することを主張しています。
 日本共産党は、請願採択に全力を尽くします。

PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.