日本共産党さいたま市見沼区委員会:新年度予算で増税くっきり
日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
戸島よし子のページ
TOP
BACK
INDEX
新年度予算で増税くっきり
 2月8日、議案に対する総括質疑が行われ、戸島よし子市議が新年度から市民の増税・負担増の問題と敬老祝い金削減、放課後児童クラブ保育料の値上げなどについて質問しました。
新年度予算で増税くっきり
 戸島市議はまず、「市民税の税収について、?個人市民税が前年度より約19億円増となった積算根拠。?法人税減税4・5%の法人市民税における影響額」について質問しました。財政局長は「?16歳未満の年少扶養控除33万円の廃止と16歳〜19歳未満の特定扶養控除の上乗せ分12万円の縮小で約35億円の増税。個人所得の減少で16億円の減収。差引で19億円の増となる。?法人税減税により法人市民税は、26億円の減収になる」と答弁しました。
 また、戸島市議は「消費税10%の増税による上下水道料金、各種手数料・使用料への影響額と市民負担の総額」について質問し、財政局長は「上下水道料金は20億3千8百万円、各種手数料等は、1億7千万円。総額で22億1千万円の負担増」と答弁しました。
介護保険料の値上げ
 戸島市議はまた、介護保険料が前年度に比べ23億円増収となっている点を指摘し、「介護保険料の値上げ分ではないか」と質問しましたが、保健福祉局長は「値上げ分を算出するのは困難」と明確な答弁を避けました。
放課後児童クラブ保育料値上げ
 H25年度は6千円に、H26年度からは2倍の8千円に値上げする条例案について、戸島市議は「保護者負担の総額」について質問し、子ども未来局長は「6千円で5千5百万円増の約2億円に。8千円で1億1千万増の2億5千万円の負担総額になる」と答弁しました。

PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.