日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
青柳しんじのページ
TOP
BACK
INDEX
秘密保護法は国民の知る権利と両立しない
法案が成立したら・・・突然逮捕、容疑は不明
「何人も法律の定める手続きによらなければその生命若しくは自由を奪われ又はその他の刑罰を科せられない」―憲法31条です。いかなる行為が犯罪となるか、それにいかなる刑罰が科せられるかは既定の法律によってのみ定められるとする刑罰法定主義です。
秘密保護法は、逮捕や処罰の理由を明らかにしません。行政機関の長が「これは秘密だ」と決めると、それを知ろうとしたり、伝えたりすると、それが犯罪とされ、逮捕、起訴されます。しかし、捕まえる警官もなぜ逮捕するか知らされないまま、上からの命令で動く、およそ民主国家とは相いれない恐怖社会になってしまいます。
こんな、秘密保護法は絶対成立させてはなりません。

PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.