日本共産党さいたま市見沼区委員会:官邸前抗議行動に参加/「原発ゼロ」の先送りは許せない
日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
青柳しんじのページ
TOP
BACK
INDEX
官邸前抗議行動に参加
「原発ゼロ」の先送りは許せない
 9月14日、金曜日恒例の官邸前抗議行動に参加し、みんなといっしょに「原発イラナイ、いますぐヤメロ」と唱和しました。この日の参加者は4万人。
「原発ゼロ」を2030年代まで先送りするなど世論に背く政府の新エネルギー戦略に怒りの声が渦巻きました。
 一緒に参加した志位和夫委員長は「30年代まで待てない。直ちにすべての原発をなくせ!」と声を上げ、政府の「エネルギー・環境戦略」が核燃料サイクル政策を続ける点についても「一方で原発ゼロといいながら、一方で新しい核燃料をつくる。こんなデタラメな話はない」と厳しく批判しました。
 9月にはいったというのに、この日も熱い一日でした。
 熱いといえば、一番熱くなったのは、8月10日の消費税増税法の成立強行。どの世論調査でも主権者国民の過半数以上は増税反対です。しかも、民主党は前回の総選挙で4年間は上げないと公約しました。その民主党を公約違反と批判しながら、公約破れとけしかけたのが自民・公明です。増税ゴリ押しの3党は、国民裏切りの共同正犯です。
 「私はいいけど、孫や若い人がかわいそう」高齢の方が異口同音にいいます。この心優しさと、我慢強さに付け込んだのが民自公。原発もしかり。
 増税3党、原発固執勢力に「ノー」の審判を下しましょう。
PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.