日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
見沼区の日本共産党
TOP
BACK
INDEX
改選3議席から6議席に倍増
野党統一候補 11選挙区で勝利
野党と市民が共同し、安倍自公政権と対決する歴史的な選挙戦となった参議院選挙で、日本共産党は改選3議席を倍増させ、6議席を獲得。非改選と合わせて14議席となりました。
 比例代表選挙で日本共産党は、601万票(得票率10.7%)を獲得し、5人が当選しました。得票数は、躍進した前回13年の515万4000票(同9.6%)を超え、参院選としては党史上2番目となりました。
 全国32の一人区では、日本共産党など4野党が擁立した統一候補が11の選挙区で当選。非自民候補が2人しか当選できなかった前回13年を大きく上回りました。憲法をないがしろにする安倍政権に対し、野党と市民が力を合わせて挑戦した「最初のチャレンジとしては大きな成功」(志位和夫委員長)です。
埼玉でも大善戦・大健闘
 埼玉では、比例でも選挙区でも70万票を目標に伊藤岳候補の18年ぶりの選挙区での勝利を目指し全力で闘いました。比例は、42万7398票(得票率13.94%)を獲得し、前回比で9万3056票増、得票率で2.6%の前進です。選挙区でも伊藤岳候補は、前回票より13万3184票上積みし、48万6778票を獲得しました。残念ながら議席には届きませんでしたが、後援会の皆さんをはじめ、「G9サポーター」「ママの会」「SEALDs」、生活の党、他党の県議・市議の応援など、「野党で2議席」の取り組みが大きく広がったことが、得票を大きく伸ばすことになりました。
 安倍政権が進めるくらし破壊の政治と戦争する国づくりに反対する4野党と市民の闘いをさらに広げ、希望の持てる社会の実現に向け全力を注ぎます。引き続きお力をお貸しくださいますようお願いいたします。

PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.