日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
見沼区の日本共産党
TOP
BACK
INDEX
問われる侵略戦争への反省
 戦後の日本は、侵略戦争への反省の上に日本国憲法で不戦を誓い、国際社会に復帰しました。
 日本は、憲法九条を持ち、戦争を放棄した国として信頼を寄せられています。
 憲法九条を高く掲げ、アジアと世界の平和を守る先頭に立つことこそ、大切なのではないでしょうか。

日本国憲法 第二章 戦争の放棄
第九条   日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し国権の発
     動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手
     段としては、永久にこれを放棄する。
 二    前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
     国の交戦権は、これを認めない。


PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.