日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
見沼区の日本共産党
TOP
BACK
INDEX
大和田1丁目に早く小学校建設を
「求める会」が署名スタート集会
 9月21日、『大和田町1丁目に小学校建設を早期に求める会』(代表三上誠)が署名スタート集会を行いました。 大砂土東小は35学級(特別支援学級2学級含む)あり、文科省基準の18学級の2倍の規模になっています。過大規模校は市内6校のうち2校(大砂土東・春岡)が見沼区にあり、解消はさいたま市の緊急の課題です。
 大砂土東小の場合、大和田1丁目に学校用地が確保されており、区画整理の遅れで学校建設がのび、議会での日本共産党の質問に「6年後の予定」と教育委員会が答弁しました。
 集会では、青柳しんじ県議予定候補が、「子どもたちの教育環境を少しでも早くよくしようと学校建設を求める署名に取り組むことになった経過」を報告しました。また、戸島よし子市議が大砂土東小など過大規模校の現状と市の教育施策について報告しました。
 24日には、青柳しんじ県議予定候補・とばめぐみ市議予定候補・戸島よし子市議が大砂土東小と春岡小を視察し、校長先生と懇談しました。
 校長先生は、「一〇〇〇人を超す児童が、一堂に会する全校集会では、標準規模校の2倍の時間がかかる。避難訓練でも時間がかかるので、毎月避難訓練をしています。先生方の人数も多いので、職員室もいっぱいで狭いし、教員のまとまりでも大変です」と話されていました。署名に取り組み学校建設に早期に着手するよう市に提出していきます。

PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.