日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
見沼区の日本共産党
TOP
BACK
INDEX
被災地復興を最優先課題に―東北復興ツアーに参加して
 7月5〜6日、さいたま市日本共産党後援会主催の東北の宮城・福島・茨木3県の復興支援ツアーに参加しました。
 福島・いわき市では、いわき・双葉地区委員会の佐藤常任、宮城・石巻では、震災後の選挙で当選した三浦県議より案内を受け、詳しい説明を聞きました。テレビ・新聞で見るのと現地を視察するのでは大きく違い、災害の深刻さを再認識させられました。大津では、漁業被害を受け、放射能の風評被害も広がり魚が売れない深刻な実態を聞き、石巻では、いまだに仮設住宅や復興住宅への補助などでも難題が多くあることを知りました。福島の富岡町は、震災と津波の被害が放射能汚染のため手つかずのままで、まさにゴーストタウンそのものです。被災地は、地震・津波・火災の被害に加えて、見通しのたたない放射能被害の四重苦の闘いが強いられています。
 参加者からは、安倍政権が被災地を横目にオリンピック開催を決め、原発の再稼働・輸出をすすめる計画に加えて、集団的自衛権行使容認の閣議決定を強行するなど、国民の声を聞こうとしない強引な政治手法に疑問が出され、被災住民の支援・復興が政府に求められる最優先の政治課題ではないのかと怒りの声が上がりました。
 私も被災地支援を強めると共に国民生活を最優先する政治の変革が急務と感じました。安倍内閣の暴走政治ストップの声を広げ、来春のいっせい地方選挙で日本共産党の前進を勝ち取ることが、悪政に悩む被災者への間接的支援であり、連帯であると思いました。このツアーに見沼区から5名が参加しました。(染谷 高橋 隆亮)

PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.