日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
見沼区の日本共産党
TOP
BACK
INDEX
清水市長の専決処分に異議あり
 清水市長は、昨年12月議会に国際自転車レース「さいたまクリテリウム」の赤字補填として、1億5,000万円の補正予算を提出しました。不明瞭な点が多く、日本共産党市議団は、事業の見通しの甘さや、契約などの詳細を明らかにすべきと主張し、審議未了・廃案となりました。ところが、市長は1月24日、廃案となった補正予算をを専決して執行し、2月議会に承認を求める議案として再提出されました。
 党市議団は、今回の一連の措置は、甚だしい議会軽視である点を指摘し、議案に反対しました。専決処分は、たとえ議会で不承認とされても効力は失われません。地方自治法では、専決処分について㋑議会が成立しない時、㋺議員の半数以上の出席がなく議決が得られない時、㋩市長が議会を招集する暇がない時、㋥議会が故意または外的事情により決議できない時の4つの条件をつけ、市長の独断専行ができないようになっています。
 今回の市長の措置は、議会を招集する時間的余裕もあり、議会で十分審議できたと考えられるものです。清水市長の市政運営が議会軽視・市民無視になっているのではないでしょうか。
PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.