日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
見沼区の日本共産党
TOP
BACK
INDEX
埼玉県議会文教員会
教育への不当な政治介入はやめよ!
 埼玉県議会文教委員会(委員長:見沼区選出の田村琢実自民党県議)で、過日、埼玉県立朝霞高校が行った台湾への修学旅行をめぐって、その事前学習や、担当の社会科教諭らによる研修内容などについて資料の提出を教育委員会に求め、その上こともあろうに、修学旅行に参加した高校生の書いた感想文の提出を求め、それらの内容も含めて、12月16、17日に行われた文教委員会で、教育委員会を追及、教育内容に不当に介入、政治的圧力をかけました。
 そして12月17日の委員会では、「県立高校の社会科教育の指導徹底を求める決議」なるものを自民党・刷新の会などの賛成多数で強行可決しました。この審議過程においても、一部の委員から「あまりにも教育内容に深く入り込んでいる・・」などの発言の途中に、田村委員長がこの発言をさえぎり、一方的に休憩を宣言しました。その結果、委員のその後の発言は、公式記録に残らないものとなりました。 こうした文教委員長による独断的な委員会運営は到底許されるものではありません。
教育の自主性の尊重を 
 今回、文教委員会が修学旅行に参加した生徒の感想文を委員会に提出させたことは、たとえ、生徒の名前を伏せ、パソコンで打ち直したものであるとは言え、その感想文は、県議会文教委員会に提出することを前提に書かれたものではなく、生徒が修学旅行で感じた感想を率直に書いたものであり、その生徒の教育に直接関係しない他人が、その感想文を論議の資料として使用することなどは、生徒の内心の自由、表現の自由を著しく侵害する暴挙と言え、断じて許すことはできません。
 教育は、生徒や教育にかかわる先生などの自主性が完全に尊重され、保障されるべきものであり、県議会がどんな理由と内容であれ教育内容にまで、介入されるべきものではありません。
 あの戦前の軍国主義が、教育現場まで入り込み、多くの軍国青年を育てて戦場に送り込み、多くの尊い命を落とした大きな反省に立って、戦後教育は教育民主主義の下に、政治的介入を許さず、今日に至っております。今回の文教委員会の暴挙は、こうした戦後教育の歴史を踏みにじるものといえます。
文教委員会は本来の役割を果たせ
  県議会文教委員会は、教育現場への執拗な政治的介入を直ちにやめ、文教委員会が本来行うべき、教育環境の充実、すなわち、少人数学級の実現、教育費の父母負担の軽減、障害児教育の充実など、切実な父母たちの要求の実現のために取り組むことを強く求めるものです。


PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.