日本共産党さいたま市見沼区委員会:消費税増税ストップの世論拡げ、総選挙で前進を/見沼区後援会総会開かれる
日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
見沼区の日本共産党
TOP
BACK
INDEX
消費税増税ストップの世論拡げ、総選挙で前進を
見沼区後援会総会開かれる
5月12日、七里コミュニティセンターで見沼区後援会総会が開催されました。オープニングで視聴した「放射線内部被爆から子どもを守るために」では、内部被爆の危険性が改めて知らされ、核も原発もない社会の実現への思いを強くしました。
総会であいさつする青柳しんじ埼玉一区予定候補
総会であいさつする
青柳しんじ埼玉一区予定候補
「税と社会保障の一体改革を考える」と題して講演した原冨悟前埼労連議長は、自殺者が14年連続で3万人を超え、餓死や孤立死があとを絶たないなど国民の命さえ守れない暮らしの現状を告発。「経済・政治は民を救うために機能しなければならない」のに今の政治は国民に痛みを押し付けていると野田内閣の政治姿勢を批判。「消費税に頼らなくとも社会保障を充実させ財政を再建させることができる」とする日本共産党の「提言」の方向でこそ今の閉塞状況を打開できると強調しました。
 総会では、「提言」を多くの人に届け、消費税増税ストップの世論を拡げ、国政選挙で日本共産党の躍進を勝ち取る決意が固められました。戸島よし子市議、青柳しんじ埼玉1区予定候補も参加し、くらしを守る先頭に立って闘う決意を述べました。
PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.