日本共産党さいたま市見沼区委員会:東日本大震災・原発事故から1年/復旧復興へさらなる支援を/
日本共産党さいたま市見沼区委員会日本共産党さいたま市見沼区委員会
見沼区の日本共産党
青柳しんじのページ
戸島よし子のページ
とば恵のページ
耳寄り情報
生活相談
リンク集
見沼区の日本共産党
TOP
BACK
INDEX
東日本大震災・原発事故から1年
復旧復興へさらなる支援を
 忘れることのできない2011年3月11日から一年が過ぎました。
 今も33万人の方が避難生活を余儀なくされ、行方不明の方も3000人を超えています。
 亡くなられた皆様に改めて哀悼の意を表すとともに、被災された全ての皆様に心からのお見舞いを申し上げます。
 日本共産党見沼区委員会と同後援会は、震災直後より募金活動に取り組み、支援物資を送り、ボランティア派遣に取り組みました。
 募金額は、党全体で9億3000万円を超え、ボランティアものべ2万1000人を超えました。
 政府は、福島の原発事故に「収束宣言」を出しましたが、いまだに原子炉の状態や核燃料がどこにあるのかさえ分からずに炉周辺の温度が下がっただけで、「収束」したなど事故の幕引きを図る動きを見せています。こうした動きは、断じて許せるものではありません。
 厳しい寒さのため一時休止していたボランティア支援活動も、4月から再開することになりました。
 支援は、長期にわたり実施しなければならない情勢です。引き続き後援会員の皆様の物心両面にわたるご支援をお願い致します。

PAGETOP

Copyright(c)2008 日本共産党さいたま市見沼区委員会 All rights reserved.