HOME > 議会活動 > 平和の象徴白鳩の風船が小平の空高く

平和の象徴白鳩の風船が小平の空高く

 7月14日(火)、平和を希求する市民が長年求めていた小平市が非核宣言都市であることを表明するレリーフの除幕式と、被爆青桐苗木の記念植樹が、市役所正面右手で、遠く広島から松井一実広島市長をお招きして、盛大なうちにも厳粛に行われました。かつて、新日本婦人の会から「記念のレリーフや看板などの設置を」と求めたところ「そんなことしたら、まち中看板だらけになる」と却下されたことを思い出します。でも、市民の方たちと、私たち共産党市議団はあきらめませんでした。やっと実現です。白いハトのかたちをした風船が舞い上がり、国会の状況などを考えるにつけ、平和への決意をいっそう固めました。(きせ恵美子)