HOME > イベント > 都議選を終わって後援会が夕涼みの会

都議選を終わって後援会が夕涼みの会

170707  盧溝橋事件80周年の7月7日夜、日本共産党小平後援会主催の夕涼み会が開かれました。都議選直後でもあり、鈴木大智候補(写真)も参加。走り抜けた10日間にわたる選挙戦の報告とお礼の挨拶が述べられました。「選挙結果が出た直後は悔しくて悔しくて茫然自失だったけど、冷静になってみると、全都で2議席増の19議席と、自民党を史上空前の大惨敗に追い込んだことは凄いことで、今は、すがすがしい気持ちで一杯です」の言葉に、朝の駅頭、訪問、汗かきかきのビラ全戸配布、電話かけと、頑張り抜いた後援会のみなさんも疲れが吹っ飛ぶ、ひとときでした。市議団は全員参加。きせ議員はあでやかなゆかた姿で花を添え、細谷団長は最後の一本締めの大役をはたしました。(木村まゆみ)