議員の活動

2020年度予算要望 市民団体と懇談スタート

市民団体と懇談する、左から松本、小坂、及川の各議院 8日市役所 (撮影:佐伯)
市民団体と懇談する、左から松本、小坂、及川の各議院 8日市役所 (撮影:佐伯)
 市役所はいま、2020年度予算の編成作業をすすめています。

 日本共産党議員団の小坂徳蔵議員、松本英子議員、及川和子議員、佐伯由恵議員の4人は毎年、大橋良一市長に対し、市民の声をまとめた「予算編成に対する要望」を提出しています。昨年度は、重点要望をはじめ全部で376項目を申し入れました。

 今年度も予算要望をまとめる時期となりました。

党議員団では、市民の声を予算要望に反映するため、地域で活動する、農業団体、業者団体、建設団体、医療団体、教職員団体、女性団体、年金者団体、若者など様々な団体と懇談しています。懇談は今月上旬〜中旬まで続き、多い日は1日2団体と行っています。

 これまでに出されたご意見ご要望の一部を紹介します。

 ・防災ラジオが聞こえない、聞こえるようにして欲しい。
 ・わかりやすいハザードマップを作成して欲しい。
 ・公共施設の利用者全員の名簿提出は問題ではないか。
 ・介護保険料を引き下げて欲しい。
 ・デマンドバスやシャトルバスを利用しやすくして欲しい。 など
画像
 引き続き、党議員団は市民団体と懇談を行い、出されたご意見ご要望を取りまとめ、「2021年度予算要望」を作成して参ります。
 ぜひ、みなさんのご意見ご要望を議員団にお寄せ下さい。よろしくお願いします。

 なお、予算要望のスケジュールは以下の通り。

 ・10月上旬  市当局  新年度予算編成の作業スタート
         党議員団 各団体との懇談スタート
 ・10月中旬  党議員団 「2020年度予算要望」作成
         市長に「2020年度予算要望」を提出
 ・12月中下旬 新年度予算の市長査定
 ・2020年2月17日(予定) 予算市議会開会
2020/10/9


 

◀ 議員の活動一覧に戻る