議員の活動

建設労働者の地位向上へ現場訪問 佐伯由恵議員

画像
 建設業で働く労働者が置かれている実態は依然と厳しく、コロナ禍でさらに深刻さが増しています。
 建設労働者・職人でつくる労働組合=埼玉土建一般労働組合加須支部は、毎年、市内の公共工事の現場に足を運び、労働者から聞き取り調査を行い、労働条件の改善に取り組んでいます。7月28日、田ヶ谷小学校の現場を訪問しました。




 市内の田ヶ谷小学校では現在、大規模改修工事が行われています。埼玉土建加須支部は7月28日、工事現場を訪問し、企業と懇談しました。
 日本共産党議員団から、さえき由恵議員が参加しました。市の担当課長らが同席しました。

 現場訪問の目的は、労働者の働く環境の実態を把握し、労働者の地位向上に向け、改善させることです。なお、コロナ感染防止から、従来行っている、現場の労働者に賃金などの労働環境の聞き取り調査は、郵送による回答となりました。

 
画像
 この日は、6企業と懇談。各現場責任者から、社会保険の加入状況や建設労働者の退職金制度「建退共」の対応、コロナ対策など労働環境の安全等について説明が行われました。

 国はこの間、公共工事の設計労務単価を連続して引き上げています。しかし、現場の労働者に浸透していないのが実態です。また、「建退共」の普及・促進、さらにコロナ感染対策と収入減による補償など、大きな課題となっています。

 党議員団は引き続き、建設労働者の地位向上に向けて取り組んで参ります。
画像
2020/08/02

◀ 議員の活動一覧に戻る