議員の活動

安全でおいしい給食を子どもたちに 及川和子議員

カルガモ 騎西多目的広場 13日
カルガモ 騎西多目的広場 13日
 1月11日(木)学校給食センター運営委員会の第2回の議事と視察研修があり、委員の及川和子議員が案内をいただき参加しました。埼玉県学校給食パン・米飯協同組合の岩槻工場でパンと米飯の製造工程などを見学しました。

 加須市の3か所の学校給食センター(加須、騎西、北川辺)で提供されるパンとご飯は岩槻工場から運ばれてきます。(北川辺給食センターは炊飯施設あり)

 ご飯の工程は終わっていましたが、パンの製造工程を見学することができました。学校給食用に使われる小麦粉は埼玉県産を30%使用し、その中でもさきたまシリーズのパンは埼玉県産100%使用しています。パンは前日製造し、学校に納品。1日平均製造量は9万食とのことです。
 
 また、県内産の小麦粉を使う際の苦労などもうかがい、地産地消をすすめ、添加物は使わず安心なおいしいパンをつくるために日々つとめているということでした。

 子どもたちに安全でおいしい食材を届ける職員の熱意が伝わってきた研修でした。
2018/1/13

◀ 議員の活動一覧に戻る