議員の活動

第21分団(豊野)に最新の消防ポンプ車

第21分団のみなさん 本庁舎駐車場 12日
第21分団のみなさん 本庁舎駐車場 12日
 近年、地震などの自然災害や異常気象による豪雨や台風が多発するなか、災害から市民の財産・生命を守ることは、市の最重要課題です。消防力の強化・体制の充実は、待ったなしです。

 12月市議会の閉会後(12日)、市役所内で「普通消防ポンプ自動車交付式」が行われました。市議会もご案内を受け、党議員団4人が出席しました。




 今回の交付は、消防団第21分団(大利根・豊野)の消防ポンプ車の老朽化に伴い、同分団に最新の装備を備えた車両を交付するものです。

 第21分団は、旧消防ポンプ自動車を1994年から23年間使用してきました。新たに配備された車両は、放水量は毎分2,380ℓ、乗車定員6人、4輪駆動で、最新の仕様で総額1,961万円。市は合併後、消防団の車両を順次更新してきましたが、今回で最終となります。

 今年も本格的な冬を迎え、火災シーズンに入りました。市民一人一人が火災を発生させないように注意することが大事です。消防団員は仕事を持ちながら、毎晩、市民に予防消防を呼びかけています。また、ひとたび火災が発生すれば、いち早く現場にかけつけ、消火活動に全力を上げています。

 こうした消防団員の日頃のご尽力に感謝するとともに、市民の安全・安心に向け、引き続きお世話になります。

消防団長・副団長・第12区分団のみなさん
消防団長・副団長・第12区分団のみなさん
 

2017/12/14

◀ 議員の活動一覧に戻る