議員の活動

くらし守る 共産党伸ばしてください

(政策訴える鈴木ちか子候補。左は松本議員)
(政策訴える鈴木ちか子候補。左は松本議員)
 12月市議会と同時並行の衆議院選挙。市議会は10日に閉会しましたが、市議会中も、党議員団は議会の合間をぬって、衆院選に全力で取り組んできました。

 市内で、年収200万円以下の納税者は4割を占め、小・中学生で就学援助を受給している子どもは7人のうち1人。貧困と格差が拡大しています。

 消費税10%増税になったら、「商売やめる」という人も少なくありません。

 消費税は増税、一方、社会保障は軒並み改悪です。年金引き下げ、医療費負担引き上げ、介護保険の全面的改悪―「消費税増税は社会保障のため」は大ウソです。

 市議会で活動していると、市民の暮らし・福祉・教育・営業などを守るためには、根本的には国の政治を変えなければならない―この一点に突き当ります。

 日本共産党議員団は、国政を変え、市民の暮らしを守るため、衆議院選で小選挙区・鈴木ちか子候補、比例で日本共産党を伸ばすため、全力で取り組んでいます。

 特に、及川和子議員にとっては、小選挙区の鈴木ちか子候補は、合併前の旧北川辺町の議会でいっしょに議員活動してきた大先輩。今日(13日)は衆院選の最終盤。及川議員は、鈴木ちか子候補の候補者カーに同乗、アナウンスで市民に力込め、支持を訴えて回りました。
画像
 明日(14日)は投票日です。衆院選の投票は、2回あります。

1回目は、候補者名で投票します。「鈴木ちか子」と書いて投票してください。

2回目は、政党名で投票します。これには、「日本共産党」と書いて投票してください。よろしくお願いします。
2014/12/13

◀ 議員の活動一覧に戻る