議会だより

乱脈ずさんな同和融資…及川和子議員

画像
 及川和子議員は9月市議会の本会議(10月1日)で総務常任委員会に付託され審査した、新築住宅資金等貸付特別会計決算の認定について、日本共産党議員団を代表して討論を行いました。以下はその要旨です。




 この事業は、旧同和特別措置法にもとづいた地区住民が住宅を新築または土地を取得するときに市が低利で融資を行ったものです。当初244件の貸し付を行ったうち、昨年度までに227件が返済し、未償還が17件となっています。

 問題はずさんな貸し付けによって、融資を受けながらほとんど返済をしない、住宅を建設する新築資金として融資を受けながら、実は住宅を建設していなかったなど、乱脈な事態を放置してきました。その結果5,680万円の焦付きを生じさせています。

 融資を受けた人がきちんと返済するのは当然であり、市は最後までしっかり回収することです。よって本案に反対します。
2020/10/3

◀ 議会だより一覧に戻る